MR-Sのエンジンチェックランプが点灯したので修理してみた話

エンジンチェックランプが点灯した原因を調べる

インターネットなどで調べると、MR-Sの場合はだいたいはO2センサーが故障したということらしい。

ODB2端子にBluetooth接続できるドングルを使って、Torque ProというAndroidアプリで調べてみます。エラーコードを見てみると、やはり片方のO2センサーで異常コードがでていました。

ということで、せっかくO2センサーが壊れたので、自分で交換してみることにしました。

修理に必要なもの

部品と工具

すべてAmazonなり、アストロプロダクツなどで揃います。
O2センサーを回す際に、かなりチカラをかけないと回らないため、工具は丈夫なものを選んだほうが良いです。

  • ソケットレンチ
  • O2センサーソケット
  • クレ556

部品

純正品は非常に高価なので、社外品をAmazonで適当に探しました。
これに交換をして、しばらく経ちますが特に問題は起きてません。

  • O2センサー

交換してみる

エンジンルームを開けて、O2センサーを交換していきます。

  • O2センサーにクレ556を吹いておく
    何もせずに回そうとすると、ネジ部分がガッチリ固まっていて回せないと思うので、
    先にクレ556をO2センサーのネジ部分に吹いて置きます。
    しばらく、その状態で放置して潤滑剤を染み込ませます。

  • O2センサーのカプラーを外す
    潤滑剤を染み込ませている間に、O2センサーの配線ケーブルを外しておきます。
    カプラーで接続されているので、カプラーの爪の引っかかりを外すように意識しながら引っ張ると外れます。
    今回は2本とも交換なので2つ外します。

  • O2センサーを外す
    潤滑剤が染み込んだら、O2センサーソケットをつかって、O2センサーを回して外します。

  • O2センサーを取り付け
    取り外すときと同じように、O2センサーソケットをつかって、O2センサーを取り付けます。
    カプラーも接続します。抜くときと違って刺すのは簡単です。

  • 確認
    取り付けが終わったら、エンジンをかけてみて、エンジンチェックランプが消えているの確認します。
    エンジンルームも確認して、O2センサーのあたりから排気が漏れていなければ完了です。

まとめ

他の車種だと、部品を外さないとアクセスできない場所にO2センサーがあったりするようですが、
MR-Sの場合は、エンジンルームを開ければ目の前にいます。

タイヤ交換よりも簡単で、左右交換しても1万円以下でできました。